壁面収納は自宅に取り入れるべき?プロが教えるインテリアコーディネート

壁面収納

部屋の中を見回してみると、床や机の上は散らかっているけど、壁はスッキリしているというお家が多いのではないでしょうか?

収納の中で意外と見落としがちなのが壁の有効活用です。

壁を使って理想の収納を実現する”壁面収納”を自宅に取り入れることで、毎日の暮らしは劇的に変わります。

一方で、壁面収納は大型の家具になることも多いため、自宅に置くことに不安がある人も少なくありません。

そこで今回は、壁面収納について収納のプロの目線で徹底的に解説をしていきます。

壁面収納で生活を変える!プロが教える部屋づくりのテクニック

壁面収納はただ部屋に置くだけでは本来の力を発揮できません。

壁面収納を自宅に取り入れる前に、壁面収納はどんな使い方ができるのか、メリットやデメリットなどをしっかりと理解しておきましょう。

そして、なぜ自宅に壁面収納が必要なのか、何を収納してどんな風に使うのかを整理しておきましょう。

そもそも壁面収納とは?

壁面収納は壁を収納として有効活用することができる家具です。

部屋の中でデッドスペースになっている部分を壁面収納にすることで、収納容量の確保と、インテリアコーディネートが可能です。

また、壁にぴったりくっつけた状態で設置される壁面収納家具は、通路を塞ぐことがないため、生活の邪魔をしない家具です。

片付けるために家具を増やしたら、居住スペースが圧迫されてしまったというお悩みも解消することができます。

壁面収納のメリットは?

壁面収納には次のようなメリットがあります。

収納スペースを確保できる

壁面を活用することで、たくさんの収納スペースを確保することができます。

特に壁面収納は床から天井までの大型のものも多く、部屋にあるものをすべて収納できる程の収納スペースも作ることができます。

収納にゆとりがあると、物が出しっぱなしになったり部屋が散らかるのを防ぐことができますよ。

インテリアの一つになる

壁面収納は部屋をおしゃれに演出するインテリアにもなります。

飾り棚などの見せる収納も取り入れやすいので、インテリアコーディネートにも活用できます。

大型の壁面収納は部屋に統一感を出すことができるので、おしゃれな部屋作りが可能ですよ。

耐震性が高い

壁面収納は壁にくっつける形で設置されるため、他の家具と比べると地震などの揺れに強いというメリットがあります。

転倒防止対策に優れた壁面収納は、安心して部屋に置くことができます。

壁面収納のデメリット

部屋をスッキリ片付けることができる壁面収納ですが、デメリットがあることも覚えておきましょう。

目的がないのに置くと邪魔になる

壁面収納はたくさん収納できるから、部屋のインテリアとして置きたい、などの理由でなんとなく壁面収納を選んでしまうと、壁面収納の本来の機能を発揮できず邪魔になってしまうことがあります。

大型のものが多い壁面収納は、置く前に目的や役割をはっきりと決めておきましょう。

何を収納して、どんな風に使うのかが決まっていない状態で置いてしまうと、居住スペースを圧迫してしまう可能性があります。

一度置くと動かしにくい

壁に固定する形で設置する壁面収納は、一度設置すると動かすことが難しいというデメリットがあります。

例えば模様替えをする場合には、他の家具のように移動させることはできないと考えておきましょう。

これからお引越しやリフォームなどの予定がある方は、壁面収納を設置するタイミングを見極めないと後悔する可能性があります。

片付けが苦手な人ほど壁面収納が向いている?

気づいたら部屋が散らかってしまう人や、物が出しっぱなしになる部屋ほど壁面収納が適しています。

壁面収納は、役割を一箇所に集約することができるので、家の中で物を取りに行ってまた片付けてという手間がなくなりますし、物を持って回ることがなくなります。

片付けが苦手な人も散らかりにくい部屋を作りやすいのが壁面収納です。

壁面収納を使ったインテリアコーディネートの3つのコツ

収納したいものや壁面収納を置く部屋が決まったら、さっそく置きたい壁面収納をイメージしてみましょう。

壁面収納を使ってインテリアコーディネートを行う場合は、次の3つのポイントを覚えておいてください!

1.圧迫感に注意!

壁一面を使用したり、床から天井までの背の高い壁面収納を置く場合には、圧迫感が出ないように注意しましょう。

大きな家具は圧迫感を出してしまい、部屋が狭く感じてしまう可能性があります。

部屋の広さに合わせた奥行きや高さを選ぶことで圧迫感は軽減することができるので、サイズ選びでは意識してみましょう。

2.見せる収納を活用してみる

壁面収納はすべてを隠す収納だけでなく、インテリアとして部屋を彩る見せる収納をしても活躍します。

飾り棚を活用したり、ガラス扉の収納を選んだりすることで、収納しつつ飾ることができます。

趣味のものやコレクションしているもの、家族の思い出の品などは壁面収納で見せる収納にしておくと、理想のお部屋が作りやすいですよ。

3.生活動線を確保する

壁面収納を使ってインテリアコーディネートをするときには、生活動線をしっかり確保しましょう。

あくまでメインは壁面収納を置くことではなく、壁面収納を使って生活することです。

おしゃれさ重視で住みにくい部屋にならないように注意しましょう。

生活動線を確保して壁面収納を置く場所を決めてから他の家具の配置や配色を決めると、おしゃれと暮らしやすさが両立しますよ。

真似したい!部屋ごとの壁面収納の事例まとめ

ここからは実際の壁面収納の事例をご紹介します。

部屋によって役割や収納するものが異なり、デザインも様々です。

今回ご紹介する壁面収納はすべてこだわりがつめこまれたオーダー家具ばかりですので、ぜひ参考にしてください。

リビングの壁面収納の事例

まずはリビングの壁面収納の事例をご紹介します。

家族が一緒に長い時間を過ごすことも多いリビングは、快適な空間や理想の空間を作るために壁面収納を置く人が増えています。

大好きが詰まった部屋を実現する壁面収納

コレクションしているグッズを飾ることができるガラスケースやガラス扉のついた壁面収納です。

白で統一された壁面収納は部屋を広く見せてくれるだけでなく、大好きなものが常に目に入ってくる幸せな空間を実現しました。

大切なコレクションをほこりや汚れから守ることができ、掃除もしやすいのが特徴です。

壁面収納の右側には、掃除用具を入れることができる縦長の収納を採用しています。

下のスペースにはロボット掃除機の待機スペースもあり、普段なら片付けに困ってしまうものも、収納するものに合わせて作られた壁面収納なら安心です。

詳細を見る

お部屋を広く見せる壁面収納

こちらはローボードを活用した壁面収納です。

壁一面の壁面収納は圧迫感が気になってしまうため、ローボードと飾り棚の収納を組み合わせた壁面収納に。

収納容量は確保しながらも、開放的なリビングに仕上がっています。

見せる収納をバランス良く壁面収納に取り入れることで理想のリビングを作った事例です。

詳細を見る

キッチンの壁面収納の事例

食器や調理器具などたくさんの物を収納しつつ、効率良く家事を進めたいキッチンでは、壁面収納が大活躍します。

家電も使いやすいキッチンを作る壁面収納

こちらはキッチンの背面を壁面収納にした事例です。

どうしても生活感が出てしまうキッチンも、ゴミ箱や調理家電を収納して見えなくすることで、スッキリと仕上がります。

家事をしながらも家電や調理器具が使いやすい設計にすれば、毎日のストレスも軽減できます。

詳細を見る

収納力抜群の明るいキッチンを作る壁面収納

こちらはリフォームをきっかけに、既存の食器棚のとなりに壁面収納を取り付けた事例です。

もともとあった食器棚の素材やキッチンの色合いに合わせてデザインすることで、新しい壁面収納を置いても統一感のあるキッチンに仕上がりました。

壁面収納の中には、キッチンに置いておきたい保存容器や食材のストックなどが収納できます。

お家のあちこちに収納してしまうとどこに置いたかわからなくなってしまう備蓄品なども、壁面収納を使ってまとめて収納しておけば、上手に片付けることができますね。

詳細を見る

壁面収納本棚

たくさんの本をお持ちの読書家さんや、CDやDVDなどのコレクションをしている人に人気なのが大容量の壁面収納本棚です。

転倒防止策として壁にしっかり固定できる壁面収納は本棚にも最適です。

掃除もしやすい壁面収納本棚

たくさんの本やCDを収納した圧巻の壁面収納本棚の事例です。

床から天井までの壁面収納は、地震の際に倒れてこないよう壁にしっかりと固定されています。

ほこりが溜まりやすい壁面収納の上部と下部は扉付きの収納にして、掃除のしやすさも実現しました。

収納するもののサイズに合わせて設計されているため、ぴったり収納ができてどこに何が入っているのかもひと目でわかります。

実用性と安全性を両立した壁面収納です。

詳細を見る

壁面収納は利便性とおしゃれが叶うアイテム

今回は壁面収納についてご紹介しました。

壁面収納は、スッキリとした部屋を作りながらおしゃれなインテリアコーディネートを演出できる収納の強い味方ですが、目的無くてしまうのが避けておきましょう。

他の家具とも比較しながら、どんな風に生活をしたいのか、理想の毎日を思い浮かべてそれを叶えるアイテムとして活用しましょう。

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。