大量の服をスッキリ収納!おしゃれさん必見の5つのコツ

大量の服をスッキリ収納!おしゃれさん必見の5つのコツ

整理整頓
大量の服をスッキリ収納!おしゃれさん必見の5つのコツ

女性の収納のお悩みで多いのが、服やアクセサリーなどファッション関連の収納についてです。

タンスの中に押し込んでしまう、という人は要注意!

衣類はシワになったり素材によっては傷んでしまったり型崩れの原因になることがあります。

毎シーズン新しい洋服をついつい買いすぎてしまうおしゃれさんほど、服の収納を工夫しましょう!

今回は、今スグ実践できる服の収納のポイントをご紹介します。

服やアクセをスッキリ収納!おしゃれさんがやっておきたい収納の5つのポイント

服が居住スペースを圧迫してしまったり、出しっぱなしになったりすると、暮らしの快適さも落ちてしまいます。

毎日のお着替えをスムーズにして、おしゃれを最大限に楽しめる収納にしましょう。

まずは、今すぐ実践できる服の収納のポイントをご紹介します。

1.クローゼットを無駄なく活用する

1.クローゼットを無駄なく活用する

服やバッグ、アクセサリーなどをたくさん持っているおしゃれさんが真っ先に考えたいのがクローゼットの活用です。

クローゼットは、ハンガーを引っ掛けるためのバーがついているだけのものが多いですが、そのまま使っていませんか?

中を自分なりにアレンジすることで、クローゼットを使いこなすことができます。

小物収納のための引き出しを設置

小物収納のための引き出しを設置

ハンガーで引っ掛けて収納ができない服や小物を収納するための引き出しを置くと便利です。

腰の高さ程度のものを一つ置くだけで、クローゼットの中の整理整頓ができます。

ハンガーで収納しきれない服も折りたたんで引き出しの中に入れておくのも良いですね。

服の丈に合わせてアレンジ

服の丈に合わせてアレンジ

クローゼットの中を整理整頓するときに考えたいのが服の丈です。

ワンピースやロングスカートなどが他の収納にぶつかってしまわないかに注意しましょう。

服と収納が重なると出し入れがしづらく、使いにくい収納になってしまいます。

2.引き出しの中は仕切りを作る

2.引き出しの中は仕切りを作る

ファッション関連のアイテムの収納として引き出しを置いたものの、中身がごちゃごちゃになってしまっては意味がありません。

中に仕切りをつけたり、アクセサリーなどを収納する場合はケースやボックスを活用しましょう。

ただし、中身が見えないケースやボックスは避けるのがベストです。

中に何が入っているかわからないものは、使わないままになってしまう可能性が高いので注意しましょう。

3.クローゼットの中にルールを作る

3.クローゼットの中にルールを作る

買ったばかりの服や洗濯した服を収納するときに、とりあえず空いているスペースに入れていませんか?

これではクローゼットの中の整理整頓が難しくなります。

服を収納するときの自分なりのルールを決めておくと、出し入れもスムーズですよ。

例えば、トップスは右側に、ワンピースやスカートは左側に、など丈に合わせて収納する。

服を色別に分けて収納する、1軍2軍仕事用など着用する頻度に分けて収納するなど。

収納のルールがあると、片付けも楽しくなりますし、服を選ぶのもスムーズになります。

4.毎日着る服はあえてクローゼットの外に

4.毎日着る服はあえてクローゼットの外に

冬場のアウターやマフラー、帽子など、毎日使うものや頻繁に着用するものは、あえてクローゼットの外に収納するという方法もあります。

コートラックやアクセサリースタンドなどを活用すれば着脱もスムーズですし、服がインテリアの一つとしてお部屋を彩ってくれます。

ただし、ホコリがつきやすくなるのでお手入れはしっかりしましょう。

5.服の収納は定期的に見直しを!

5.定期的に見直しを!

自分の手持ちの服を全て把握できていますか?

流行に敏感なおしゃれさん程、着なくなった服がそのままになっているという場合があります。

ハンガーにかかったまま着ていない服や、引き出しに入ったままの服の見直しを行って、不要なものは断捨離しましょう。

目安としては、1年以上着ていない服や、次のシーズンに着用予定のないものは処分します。

自分の持っている服を見直す機会にもなるので、次はこんな風にコーディネートしてみようと考えながら整理するのも楽しいですよ。

服をスッキリ片付ける!収納家具の事例

ここからは実際のクローゼットの事例をご紹介します。

今回ご紹介するのはすべてオーダメイドのクローゼットです。

入れるものに合わせて収納スペースを確保することができるため、散らかりにくいお家を作ることができます。

リビングで服を収納できるクローゼット

リビングで服を収納できるクローゼット

新居の収納スペースが足りず、服の収納場所を確保したいというご要望から設置されたクローゼットです。

リビング収納が必要だったため、リビング収納と服の収納を一体化しました。

収納を一箇所にまとめることで生活動線が快適になり、過ごしやすいお家に。

クローゼットの中には、ハンガーを掛けた状態で服を収納したり、衣裳ケースを収納したりすることができます。

クローゼットの中にスーツケースを収納

クローゼットの下部の扉の中にはスーツケースを収納。

どこに何を入れるのかルールを決めておくことで、服以外のものを収納する場合にも整理整頓ができます。

詳細を見る

一工夫で子どもたちが簡単に服を収納できるクローゼット

一工夫で子どもたちが簡単に服を収納できるクローゼット

こちらは子ども部屋に設置されたクローゼットです。

兄弟それぞれの好みに合わせて、ユニフォームを掛ける場所や全身が映る姿見を採用しました。

服を収納する上段にはリフター付きのハンガーラックが組み込まれていて、引っ張るだけで簡単に服の片付けができます。

リフター付きのハンガーラック

高いところは収納に使えずスペースが無駄になってしまうことがありますが、この工夫を取り入れることで上から下まで空間を有効活用できます。

それぞれの個性や収納するものに合わせて設計できるのはオーダー家具ならではです。

詳細を見る

おしゃれさんこそ服の”収納”にこだわって!

今回は服の収納のコツをご紹介しました。

大量の洋服で部屋が埋まりそう、出しっぱなしになっているという人はぜひ実践してみてください。

整理整頓

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。