地震対策について

家具の転倒防止が、
家族の命と暮らしを守る。

収納ラボでは、創業当時からオーダー家具の地震対策に力を入れています。
それは、阪神・淡路大震災の時に倒壊を免れた住宅の中で、転倒した家具によって多くの方が怪我をしたり、
亡くなられたことがきっかけでした。

そのことから、家具の転倒防止は地震から家族の命と暮らしを守る有効な方法だとわかりました。
オーダー家具・壁面収納を製造するメーカーの使命と考え、納品する家具の転倒を防ぐ耐震施工と、自宅でできる地震対策を呼びかけています。

過去30年間に震度6以上の大きな地震が複数回起きています。
今後も避けられない地震による被害を少しでも減らすために、過去の震災で被災された方々の経験から学び、
地震対策の改善にも取り組んでいます。

住宅内部被害によるのけがの原因

日本建築学会「阪神淡路大震災  住宅内部被害調査報告書」より調査数:130人 日本建築学会「阪神淡路大震災  住宅内部被害調査報告書」より調査数:130人

過去30年間に発生した震度6以上の地震

過去 30 年間に発生した震度6以上の地震 過去 30 年間に発生した震度6以上の地震

地震に強い住宅でも、
家具の転倒防止は必要。

地震対策として耐震、制震、免震といった建築工法で建てられた住宅は、耐震性能に優れており建物が倒壊する危険性は低くなっています。しかし、転倒防止の対策がされていない家具は、転倒してしまいます。それぞれの特徴をご紹介します。

イラストのように耐震、制震工法の場合、倒壊しない強度がある代わりに、建物に揺れが直接伝わるため、室内は激しく揺れる傾向があります。そのため、固定されていない家具は容易に転倒してしまいます。

免震工法の場合は、建物が揺れを吸収するため比較的に家具は転倒しにくいと言えます。しかし、横揺れには強いのですが、縦揺れの場合は揺れを吸収出来ないため、やはり家具は転倒してしまいます。

このように、耐震性能に優れている住宅に暮らしていても、固定されていない家具は転倒し危険です。また、転倒した家具は避難経路を塞いでしまうこともあるため、家具の転倒防止はとても大切になります。

建築工法の種類

建築工法の種類

地震に強い住宅でも、
家具の転倒防止は必要。

地震対策として耐震、制震、免震といった建築工法で建てられた住宅は、耐震性能に優れており建物が倒壊する危険性は低くなっています。しかし、転倒防止の対策がされていない家具は、転倒してしまいます。それぞれの特徴をご紹介します。

イラストのように耐震、制震工法の場合、倒壊しない強度がある代わりに、建物に揺れが直接伝わるため、室内は激しく揺れる傾向があります。そのため、固定されていない家具は容易に転倒してしまいます。

建築工法の種類

耐震構造 制震構造

免震工法の場合は、建物が揺れを吸収するため比較的に家具は転倒しにくいと言えます。しかし、横揺れには強いのですが、縦揺れの場合は揺れを吸収出来ないため、やはり家具は転倒してしまいます。

免震構造

このように、耐震性能に優れている住宅に暮らしていても、固定されていない家具は転倒し危険です。また、転倒した家具は避難経路を塞いでしまうこともあるため、家具の転倒防止はとても大切になります。

転倒した家具

私たちが実践している地震対策について
2つのポイント

ポイント1

壁面へ確実に固定

設置する家具は、必ず最適な方法で壁面に固定。 設置する家具は、必ず最適な方法で壁面に固定。

設置する家具は、
必ず最適な方法で壁面に固定。

私たちは地震による家具の転倒や移動を防ぐために、設置するすべての家具を必ず最適な方法で壁面に固定します。また、お部屋の条件に合わせて 1mm単位の設計が可能なオーダー家具は、柱や梁の凹凸、天井との隙間をなくすことで、物理的に転倒しにくい構造に設計できるメリットもあります。

独自のノウハウで、さまざまな条件に対応する耐震施工。 設置する家具は、必ず最適な方法で壁面に固定。

独自のノウハウで、
さまざまな条件に対応する耐震施工。

家具を設置する壁面は、鉄筋または木造かによって構造が異なります。壁の素材や内部の構造を調べて、確実に固定する方法を検討します。さらに、賃貸物件の場合は設置作業に制限がある場合があります。こうした、あらゆる条件に対して確実に家具を固定する独自のノウハウがあります。

建築下地(壁面の内部構造)の種類
建築下地(壁面の内部構造)の種類 建築下地(壁面の内部構造)の種類
ポイント2

収納物の飛散防止

地震の際に避難の妨げになるのが、床に散乱した割れた食器類やガラス製品です。靴でも履いていなければ、割れたガラスや陶器の破片の上を歩くことはとても危険。足を怪我することで、避難が遅れると二次被害に会うことも想定されます。そのため、食器やガラス製品の飛散を防ぐことは大切です。

瞬時に扉をロックする。耐震ラッチを標準装備。 瞬時に扉をロックする。耐震ラッチを標準装備。

瞬時に扉をロックする。
耐震ラッチを標準装備。

私たちが提供するオーダー家具には、高い位置の扉に強い揺れを感知すると、瞬時に扉をロックして、収納してあるものの飛散を防ぐ耐震ラッチを標準装備しています。ご希望ですべての扉につけることも可能です。

瞬時に扉をロックする。耐震ラッチを標準装備。 瞬時に扉をロックする。耐震ラッチを標準装備。

飛散防止フィルムを
採用したガラス扉。

食器棚や、飾り棚に採用するガラス扉には、万が一扉のガラスが割れても破片の飛散を防ぐ、フィルムを貼ったガラスを採用しています。デザインや機能性を維持したまま、安心、安全にお使いいただけます。

瞬時に扉をロックする。耐震ラッチを標準装備。 瞬時に扉をロックする。耐震ラッチを標準装備。

飛散防止の効果もある、
ソフトクローズ機能。

食器棚などの引き出しや扉に採用することが多い、ゆっくり自動で閉まるソフトクローズ機能には、地震の時に引き出しが飛び出すことや扉が開くことを防ぐ一定の効果があります。
最近、収納のしやすさから食器を引き出しに収納することが多いため、引き出しが飛び出すことを防ぐことも有効な地震対策の一つです。

より安心、安全な暮らしを
実現するための研究。

私たちは確実に壁面へオーダー家具を固定する方法や、耐震に必要な強度と機能を持ったオーダー家具を設計するために、
地震研究の有識者とともに実験、検証を進めています。
また、壁全体に壁面収納を設置することで、建物の耐震補強を高める効果についても研究を進めながら、
未来の暮らしをより安心、安全にするオーダー家具を提供いたします。

プランニングイメージ プランニングイメージ

経験豊富な専任コーディネーターが、お客さまのお話を丁寧にうかがい、あなたのライフスタイルに最適な収納のカタチをご提案させていただきます。具体的なイメージがなくても大丈夫。プランニングとお見積りは無料です。ぜひお気軽にご相談ください。

PRESENT

ご来店されたお客さまに
プレゼント!

  1. オーダー家具事例ブック
  2. 収納ラボ・ブランドブック

他のオーダー家具の事例も参考に、
ご家族でゆっくりとプランをご検討ください。

オーダー家具事例ブックと収納ラボブランドブックのイメージ オーダー家具事例ブックと収納ラボブランドブックのイメージ

新しいに出会える、創造空間。
収納ラボショールームへ。

予約する 資料請求する