キッチンのスペースを無駄なく活用したオーダーメイドの食器棚。

オーダー家具実例ID#14891
キッチンのスペースを無駄なく活用したオーダーメイドの食器棚。

置き家具の食器棚では、収納量を増やしてキッチンをもっと使い易くしたいと思っていました。
地震の時に不安定な事も気になっていました。
そうした要望を伝えて、出来上がった食器棚は全ての要望を叶えてくれるキッチン収納でした。

食器類がキチンと収まり、使いやすいキッチンに。

収納スペースが少ないキッチンの収納を改善。

食器棚に関しては、食器を収納するスペースを確保することが第一の目的でした。

ただし、わが家のキッチンはそれほど広くはないことから、食器を収納するのに必要なスペースを確保するために、ミリ単位でサイズを測って確認しながら奥行きの幅などを決定していきました。

収納不足を解決した、オーダーメイドの食器棚。

キッチンのスペースを最大限に活用した食器棚。

食器棚の扉には、ダーク系のガラスを採用。

それまで使っていた食器棚と比べると、何と倍以上の収納力に。食器類の収納については格段に改善しました。

機能重視でプランしてもらったのと、壁に固定した施工のおかげで、以前の食器棚よりずっと使いやすく便利になり、地震でも家具が倒れてこない安心感があります。
リビングに設置した飾り棚との位置関係も考えて、食器棚を置いても通路の幅を確保できるよう配慮してもらいました。

その他にも食器の出し入れなどの使い勝手や、扉のガラスの透け感、ガラス扉の枠や取っ手のデザインなど、細かな部分にもこだわりプランしてもらいました。

食器棚の扉は、ガラスを採用。取手とアルミ枠はシャープな印象に。
色合いは、リビングに置いてある家具の色と合わせて、リビングから見える方の側面はダークブラウンに。

見た目がスッキリし、お部屋全体に馴染んだ印象になって満足しています。
出来上がったオーダーメイドの食器棚は、シャープでフラットなデザインになり、外観のスッキリとした印象から想像する以上の収納量と使い易さにとても満足しています。

狭いスペースに合わせて作った、スリムなオーダーメイドの食器棚

【このオーナー様の飾り棚事例を見る】

“コーディネーターからのコメント”

キッチンのスペースは、それほど余裕がありませんでした。下の収納スペースに収める物も無理なくしゃがんで出し入れできるスペースを確保できるように配慮して、奥行きのサイズを決定しました。
また、もともと使っていた食器棚はリビング側に向いて置かれていたのですが、調理作業の動線やスペースの使い方を考慮して、コンロに対面する向きに変えることをご提案しました。
これによってリビング側からは食器棚の側面だけが見えるため、キッチンの印象がスッキリしました。

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
オーダー収納家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。

来店予約する 資料請求する