フラットなデザインの食器棚。白い扉の内側に、すべてスッキリ収まりました!

オーダー家具実例ID#14691
フラットなデザインの食器棚。白い扉の内側に、すべてスッキリ収まりました!

ショールームに予約は入れたものの「正直なところ、話を聞くだけ聞いて、すぐ帰るつもりだったんです」「だって、高そうだから(笑)。ところが…」
楽しくプランニングが出来て、自慢のキッチン収納が完成して大満足です。

価格的にはメーカー既製品と同条件で、多彩な選択肢から選べる楽しさがありました。

大容量の収納力と、こだわりの機能を盛り込んだオーダーメイドの食器棚。

新築マンションのキッチンにふさわしい食器棚を…と考えて、大手メーカーの家具を見に行きましたが、何だかしっくりこなくて。

インターネットで『収納ラボ』を見つけて、思い切ってショールームの予約を入れました。
ショールームでコーディネーターの方とお話しすると、多彩なプラン提案が新鮮で楽しくて、時を忘れました。他の大手メーカーの、限られたユニットの組み合わせの中から選ぶだけのプランが退屈に感じていたのに対して、『収納ラボ』では、収納家具に使える素材や構造、収納に関するアイデアなど選択肢が多彩だったからです。

意外だったことに、提案していただいたプランの見積金額は大手メーカーの既製品プランとほぼ同等。

自分たちの使いやすいサイズを考慮した設計が出来て、デザイン的にも妥協せずに欲しい家具が手に入る事がわかって、迷わず注文する事に決めました。

垂直に上へ開く大きな扉は、こだわりの機能。

オーダーメイドの食器棚で、理想のキッチンを実現。
事前にチェックしていたインスタに、私たちがイメージしていた雰囲気に近い画像があったので、それを見ながらコーディネーターの方と設計の方と一緒にプランを進めました。
コーディネーターの方はデザイン重視、設計の方は機能重視で、それぞれの視点からの提案やアドバイスがありがたかったです。

個々の収納スペースや身長に合わせた使い手を考え抜いたプラン。

扉を閉めると、すべて隠せてフラットな印象が理想でした。

デザインについては、部屋の雰囲気がスッキリとフラットになる感じを求めていました。色について最初は白以外も考えましたが、結果的にキッチンの壁に合わせて良かったです。

素材も、部屋全体になじむよう艶のない素材を選んだのは、良かったと思っています。
デザイン重視のプランにしたことで、最終的には若干予算はオーバーしましたが、妥協せずに納得できる食器棚が完成して満足しています。スッキリと物が収まって使い勝手が良く、全て閉じれば家電やゴミ箱をすっぽり隠せるので、いつ友人が遊びに来ても大丈夫。自慢の食器棚です!

扉を垂直に上げると、調理家電が収納されています。

開け閉めもスムーズな、扉は機能的でお気に入り。

オーダーメイドの食器棚には、こだわりの機能が満載。

中段の家電収納スペースはもっと大きくしたかったのですが、構造上、無理がありました。
それについては丁寧な説明をいただき、なるほどと思えた事で信頼感が高まりました。

扉の開閉をスムーズにしている機能金物。

扉も引き出しも、自然と静かに閉まるソフトクローズなので、引き出しに収納した食器同士がぶつかる心配がなく、気軽に開閉できます。

下段の引き出しには、食器や食材を大量に収納できる、オーダーメイドの食器棚。

収納するものに合わせて、サイズを設計した引き出しは機能的。
垂直に開閉する扉の左右のバランスについて、かなり微妙な位置合わせを行うなど、施工時に現場監督と職人さんとで丁寧に調整してくれました。

プランニングから施工まで、『収納ラボ』のスタッフの皆様一人ひとりの丁寧な心遣いが嬉しかったです。

照明を組み込んで、明るく使いやすいオーダーメイドの食器棚。

“コーディネーターからのコメント”

とにかく、身の周りをスッキリ片付けたいという思いを強く感じましたので、扉や引き出しを閉じた状態が、フラットな印象になる事に配慮しました。
扉を閉めると、収納された家電やゴミ箱などはすべて隠せる食器棚をプランしました。
最終打ち合わせ当日の朝に、プラン変更の連絡を受けて、その日の内にプランを修正して最終デザインの確定に至った事をよく覚えています。ギリギリまでデザインや機能に迷っているお客様の、強い思いを感じる事は多いです。どうにか、思いをカタチにするためにできる限りの対応を心がけています。

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
オーダー収納家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。

来店予約する 資料請求する