キッチンカウンターと一体になったオーダーメイドの食器棚で、キッチンをリフォーム。

オーダー家具実例ID#11712
キッチンカウンターと一体になったオーダーメイドの食器棚で、キッチンをリフォーム。

購入を決めたマンションのキッチンは、私たちにとって理想的なキッチンではありませんでした。その理由は収納が少ないことと、ダイニングとキッチンが壁で仕切られていたために、キッチンは狭くて食事のためにダイニングへ料理を運んだりするのもとても不便でした。

そんな悩みを解決するために、キッチンメーカーのショールームを訪ねて、キッチンを使いやすくするための相談をしていました。偶然訪ねた収納ラボのショールームで、部屋に合った食器棚をオーダーメイドで作るというアイデアを知って、リフォームしたように快適なキッチンを実現することができました。

オーダーメイドの食器棚で、叶えられるアイデアは想像以上。

収納ラボのショールームでは、コーディネーターの方に私たちの悩みを相談すると、さまざまな解決方法を提案してくださいました。食器棚をオーダーメイドで作ることについて、どんなことが出来るのか分かっていなかったので、想像していた以上にいろいろ出来る事に感心しました。
私たちにとって、以前暮らしていたアメリカやカナダの家では一般的だった、キッチンカウンターのあるキッチンが理想でした。食事の準備中に料理を並べたり、軽食を取る時に便利なスペースだったので、新居には実現させたい事のひとつでした。
それと、既存のキッチンにある収納だけでは、収納スペースがまったく足りなかったので、使いやすい収納スペースも必要でした。

3方向から使える、キッチンカウンターと一体になったオーダーメイドの食器棚

コーディネーターの方は、そんな私たちの要望を叶えるために、キッチンとダイニングを仕切る壁を撤去して、キッチンカウンターと一体になった食器棚を設置するプランを提案してくれました。この食器棚は、キッチンとダイニング、キッチンカウンターの3方向から使える収納スペースが設計されていて、それぞれ使い方に合わせた機能とアイデアが取り入れられています。
今まで邪魔だった壁が無くなり、開放的になった事とキッチンとダイニングの動線がとても使いやすく改善され、快適なキッチンを実現することができました。

ダイニングには、インテリアとしてもおしゃれな見せる収納ができました。

オーダーメイドの食器棚のダイニング側は、ガラスや食器を収納するスペース
照明を組み込んだ、オーダーメイドの食器棚。

ダイニングの収納スペースは、グラスや食器の収納用です。扉の面材はスモークガラスを採用し、中にはLED照明を組み込みました。明かりが届く範囲は収納してあるグラスや食器が透けて見えます。照明を消しているときには、中はうっすらとしか見えないので、収納スペースでありながら照明のオンとオフでアレンジを変えることが出来て、インテリアとしてもおしゃれなので気に入っています。

オーダーメイドの食器棚の扉には、スモークガラスを採用。照明の点灯中のイメージ。
オーダーメイドの食器棚の扉には、スモークガラスを採用。照明の消灯中のイメージ。

キッチンカウンターは、多目的に使える便利なスペースに。

キッチンカウンターは、日常的にさまざまな家事をしたり調理以外にも使う機会も多いので、使い勝手の良い収納スペースがあると便利だと思っていました。そんな要望を叶えるために、キッチンカウンター側にも多目的に使える収納スペースを作りました。

キッチンカウンター側にも収納スペースを設計。

そこには、インターネットのモデムを置いたり、日用品などさまざまなものを仕舞っておけるフリースペースとして使っています。

多目的に使える、キッチンカウンター側に作った収納スペース。

キッチン側は、便利な収納を実現するアイデアが満載。

キッチン側には、機能的な収納のアイデアが満載。

キッチン側の収納については、機能的な収納のアイデアを取り入れました。キッチンで場所を取る調理家電はスライド棚に載せて収納してあるので、必要に応じで引き出すことが出来るため、狭いキッチンでも快適に家事ができます。

オーダーメイドの食器棚には、調理科家電を機能的に収納。

キッチンカウンターの引き出しは、収納するものに合わせて設計したので、食器、調理器具、背の高いポットや水筒など、サイズや用途ごとに分類して収納しています。低い位置に収納をまとめることで引き出しの中も見やすく、出し入れも便利なので、家事が楽になりました。

収納するもののサイズや用途に合わせて、設計されたオーダーメイドの食器棚の引き出し。
背の高い、ポットや水筒なども引き出しに収納。
キッチンカウンターの引き出し収納は機能的。

コーディネーターの方に勧められて作ったゴミ箱収納は、私たちは必要とは思っていなかったのですが、想像していた以上にキッチンの足元がすっきりとしたので、作って良かったと実感しています。

オーダーメイドの食器棚のゴミ箱収納。

また使っていて便利だと思ったのが、ゴミ箱収納の上に作った、ゴミ袋を収納するための小さな引き出しでした。こうした、ちょっとしたアイデアで家事の動線がスムーズになることがわかりました。

ゴミ箱収納の上に作った、ゴミ袋を収納するための引き出し。

コーディネーターの方のアイデアで、キッチンの奥の壁面と食器棚の奥行きの差を利用して、奥行きの浅い収納スペースを作っていただきました。この収納スペースがあるおかげで、キッチン周りにあるさまざまな小物を仕舞えるので、いつもキッチンがすっきりと片付けられるようになりました。

こうして、使ってみるまでは想像も出来なかった実用的なアドバイスが頂けたので、毎日の家事がとても楽になりました。

デットスペースを有効活用した、奥行きが浅い収納スペース。

オーダーメイドの食器棚で、理想的な新しい暮らしが実現。

今回、食器棚をオーダーメイドするまでは、好きなデザインの食器棚が作れるぐらいにしか思っていませんでした。コーディネーターの方とプランを検討している時に、私たちの理想的な暮らしを実現するためのアイデアを提案してくれた事に感心していました。使いやすさなどは、経験のない私たちには想像ができないので、そうしたアドバイスはとても参考になりました。
不便だったキッチンがリフォームしたかのように快適になって、理想通りの新しい暮らしが実現できました。

オーダーメイドの食器棚で、理想のくらしを実現。

コーディネーターからのコメント
【オーダーメイドの食器棚で、キッチンとダイニングの生活動線を改善する収納を提案しました。】

私たちは、お客さまの様々なご要望を叶えるために、お客さまの暮らしについて目を向けます。キッチンやダイニングでどんな暮らしを実現したいのか、お客さまの要望を汲み取って、お部屋の間取りから最適な生活動線を想像します。ただ機能的な収納を作るだけでなく、必要な場所に必要な収納を作ることを提案するようにしています。今回は、キッチンとダイニングを仕切る壁が撤去できたので、そこにオーダーメイドの食器棚を設置しました。キッチンとダイニングの両側から使える食器棚で、暮らし方に合った生活動線と、最適な収納を実現しました。

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
オーダー収納家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。

来店予約する 資料請求する