収納ラボ

− 壁面収納・オーダー家具 −

収納実例スライドショー1
収納実例スライドショー2
収納実例スライドショー3
収納実例スライドショー4
収納実例スライドショー5
収納実例スライドショー6
収納実例スライドショー7
収納実例スライドショー8
収納実例スライドショー9
収納実例スライドショー1
収納実例スライドショー2
収納実例スライドショー3
収納実例スライドショー4
収納実例スライドショー5
収納実例スライドショー6
収納実例スライドショー7
収納実例スライドショー8
収納実例スライドショー9

「仕舞う」と「見せる」をバランスよく配置したリビング壁面収納オーダー家具#10082

壁面いっぱいの収納を扉の色を上下で変えることによって、圧迫感をなくしています。
「仕舞う」と「見せる」をバランスよく配置しました。
元々柱が一部出て凸凹していた壁面を収納で隠し、壁面いっぱいに収納を作ることで、
以前よりお部屋が広く感じるようになりました。

  • マンション
  • リビング
  • リビング壁面収納
  • W2410 × H2886 × D325/490
  • オーダー家具

お客様の来店の理由は何でしたか?

亡くなったご主人の捨てられない遺品を保管する場所を作る為、また奥様の趣味である韓流ドラマのDVDが今後どんどん増えていく事もあり、壁面収納を作りたいという思いからご来店されました。

オーダー家具のこだわりポイントとご要望

まずはCDやDVD等が沢山仕舞える事。
そして、PCで動画編集をして直ぐにテレビで確認が出来る配置にする事です。
今までは和室に置いていたPCをリビングに持っていき、PCの作業スペースを確保しつつテレビで確認出来るようにレイアウトました。CDやDVD等は、奥様の身長で手が届く範囲で目一杯仕舞えるように考えました。
また、オーストラリアの民芸品やグラスなど、今まで飾る場所が無かった物を綺麗に見せたい、というご要望があり、見せるスペースと隠すスペースをバランスよくレイアウトしました。
よく壁面収納を計画する際にデッドスペースになりがちなエアコンの付近も、扉が全開出来なくとも内部で繋がっている事で収納スペースにもなり、エアコンダクト部分は飾り棚として活用しました。

担当コーディネーターより

今回の壁面収納は扉の色を上部と下部で変えたこともポイントになっています。
下段は床に近い安定感のある濃い木目、上部は壁紙に合わせ真っ白ではないパール調の扉にしました。
天井付近の濃い木目は、元々天井についていた廻り子と幕板を同色にした事で、お部屋全体に一体感が出せました。

戻る
収納ラボのショールーム

キーワード:オーダー家具 / 壁面収納

  • オーダー家具 /
  • 壁面収納 /

ページ上部へ戻る