整理整頓が苦手でもOK!真似するだけで部屋が片付く5つのコツ

整理整頓
整理整頓が苦手でもOK!真似するだけで部屋が片付く5つのコツ

整理整頓が苦手で部屋の中がすぐに散らかってしまう、どこに何があるかわからない、といった経験はありませんか?

片付けに苦手意識があったり、片付けた場所がわからない人は、収納の基本から押さえてみましょう!

基本をおさえるだけで片付けが楽ちんになりますし、毎日の負担が少し解消されますよ。

今回は、整理整頓が苦手な人にこそ知ってほしい収納のコツをご紹介します。

整理整頓が苦手な人にこそ知ってほしい!収納の基本の「き」とは?

物を隠すように片付けたり、引き出しや棚に詰め込むだけでは”整理整頓”をしているとは言えません。

ですが、整理整頓って少しハードルが高くて、なかなか手がつけられない人も多いですよね。

どこに何があるかわかる、欲しいものがすぐに取り出せる、片付けやすく散らかりにくい、そんなお部屋を作るためには、収納の基本から実践していきましょう。

今回は整理整頓が苦手に感じている人にこそ知ってほしい基本をご紹介しますので、コツをおさえて片付け上手への第一歩を踏み出しましょう。

整理整頓のコツ(1)収納場所は”固定”にする

整理整頓のコツ(1)収納場所は”固定”にする

必ず実行したいのが、物に対して収納場所を決めることです。

整理整頓が苦手な人は毎回違う場所に片付けてしまったり、収納場所が曖昧になってしまっていることが多いです。

どこに置くのかを決めることで、片付けの習慣がつきやすくなりますし、どこに何を入れたかわからなくなることも防ぎます。

毎回同じ場所に収納することができるように、物の住所を決めてあげましょう。

整理整頓のコツ(2)使った場所で片付けられるように

整理整頓のコツ(2)使った場所で片付けられるように

次に、収納場所を決める時には「使ったその場で」を基本にしましょう。

使う場所で取り出して片付けまで完結できると、片付けも簡単になります。

また物を家の中で持って周ることがなくなるので、出しっぱなし防止にもなります。

整理整頓のコツ(3)使う頻度に合わせて収納する

整理整頓のコツ(3)使う頻度に合わせて収納する

実際に物を入れるときには使う頻度に合わせましょう。

頻繁に使うものは引き出しや棚の手前の、手が届きやすく片付けやすい場所に収納します。

反対に、使う頻度が少ないものは奥の方やあまり開けない収納などに入れておいても大丈夫です。

取り出すときに収納棚の中がぐちゃぐちゃになってしまうことを防げますし、片付けの手間も省略できます。

整理整頓のコツ(4)収納家具は生活動線の邪魔にならない場所に置く

整理整頓のコツ(4)収納家具は生活動線の邪魔にならない場所に置く

収納家具を置くときには、生活動線を意識しましょう。

いくら整理整頓ができていても、使いにくい収納だと片付けの意欲も下がってしまいますよね。

収納家具が通路や扉を塞いでしまっていないかを確認しましょう。

整理整頓のコツ(5)見せる収納を活用する

整理整頓のコツ(5)見せる収納を活用する

整理整頓が苦手な人がやってしまいがちなのが、隠すように収納家具に詰め込むことです。

「見えなければ大丈夫!」という考えからついつい詰め込んで隠してしまいますが、これではどこに何があるか把握するのは難しいですよね。

見せる収納を取り入れることで、例えばハンガーにかけるだけ、棚の上に置くだけ、で片付けが完了します。

整理整頓が面倒な人にこそおすすめしたい収納方法です。

自宅の収納容量を把握することも整理整頓が上手になるコツ

自宅の収納容量を把握することも整理整頓が上手になるコツ

片付けを始める前に、ご自宅の収納スペースや収納家具の容量を確認しておくことも大切です。

収納容量<物の量になってしまうと、どうしても片付けきれずに出しっぱなしになってしまうものが出てきてしまいます。

お部屋がすぐに散らかってしまうのは、整理整頓が苦手なのではなく、単純に物が多くて溢れてしまっている可能性もあります。

まずはご自宅の収納スペースが足りているか、今ある収納家具で整理整頓ができるのかを考えてみましょう。

整理整頓が苦手でも大丈夫!基本をおさえて収納上手になろう

今回は整理整頓のコツをご紹介しました。

まずは基本から見直しておくと物が増えてきたときにもスッキリ片付けられるようになりますよ。

また、ライフスタイルの変化によって収納家具そのものの見直しが必要になることもあります。

ご家族の過ごし方と収納が合っているかを相談してみるのも良いかもしれません。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。