マンションのインテリアコーディネートまとめ。暮らしの質を高める基本ルールとは?

収納実例
マンションのインテリアコーディネートまとめ。暮らしの質を高める基本ルールとは?

まるでショールームのような、ホテルの一室のような、高級感のあるお部屋に住んでみたいという憧れは、誰しもが一度は持ちますよね。

インテリアの置き方や使い方一つで毎日の暮らしは驚くほど快適になります。

今回は、おしゃれで質の高い暮らしを実現するインテリアコーディネートをご紹介します。

インテリアコーディネートのポイントもご紹介しますので、ぜひご自宅で実践してみてください。

マンションのインテリアコーディネートのポイントとは?

まずは、インテリアコーディネートのポイントから見ていきましょう。

おしゃれで快適な部屋作りのための基本的なルールをおさえておけば、インテリア選びや配置もスムーズですよ。

生活動線をしっかりと確保すること

生活動線をしっかりと確保すること

インテリアコーディネートを行うときに欠かせないのが生活動線の確保です。

通路を塞がないことはもちろん、家事動線に合わせたインテリアの配置を行うことで快適な暮らしを実現できます。

お家の中での過ごし方を思い返しながら、生活動線を整理してみましょう。

インテリアの素材

インテリアの素材

インテリアを選ぶときに、色や形に注目する人は多いですが意外に見落としがちなのが素材です。

ツヤのある素材とそうではない素材では印象も大きく変わるので、素材の質感にも注目しましょう。

マンションの床や壁紙、扉などとの相性を考えておくと、よりおしゃれな空間に仕上げることができますよ。

収納家具の置き場所

収納家具の置き場所

インテリアコーディネートの要と言っても過言ではないのが収納家具の置き場所です。

収納家具は置き場所によって使い勝手が変わりますし、収納家具が使いやすければ散らかりにくい部屋をつくることができます。

特に、どこに収納スペースを置くのかによって暮らしやすさは大きく変化しますよ。

収納のレイアウトについては、こちらの記事で詳しくご紹介しています。

 

暮らしの質を高めるインテリアまとめ。マンションにおすすめのコーディネートとは?

マンション住まいのお客さまから支持を得ているのが”壁面収納”です。

壁面収納は、デッドスペースを無くし収納スペースと居住スペースの両方をしっかりと確保することができるメリットがあります。

また、お部屋の印象を左右する存在感のあるアイテムなので、デザインにこだわることでインテリアとしても大活躍。

今回はインテリアとして使えるおしゃれな壁面収納家具を使ったお部屋をご紹介します。

フラットなデザインに仕上げたシンプルでおしゃれなインテリア

深い色の木目で仕上げたシンプルなデザインのインテリアです。

引き出しや扉に取っ手をつけないことで、見た目のおしゃれさを実現しました。

大型のインテリアは、一つあるだけでマンションのお部屋がモダンな雰囲気に早変わり。

収納付きのテレビボードは、物が増えてしまいがちなテレビ周りを解消し、おしゃれで洗練された印象にします。

床にぴったりくっついた収納は、隙間に物が入り込んでしまうことも防いでくれます。

スピーカーもインテリアのひとつにするインテリア


スピーカーとテレビをスッキリと収納できるインテリアです。

白い壁紙で明るい印象のお部屋も、木材の壁面収納を設置することで、一気にシックな印象になりました。

スピーカーは床にそのまま置くのではなく、テレビボードに置くことで使い勝手もアップし、インテリアとしても活躍します。

まるで高級ホテルの一室かのようなインテリアは、毎日の暮らしを充実させてくれるでしょう。

間接照明を組み込んだ玄関のインテリア

「下駄箱」「靴箱」という言葉とおしゃれなインテリアは一見結びつきそうにありませんが、玄関収納も一工夫でインテリアとして活用できます。

こちらの玄関収納は、中身の見えない設計と間接照明を取り入れたデザインで、ただ収納するだけでなく人を迎え入れる場所として玄関を彩ります。

収納スペースを確保しようとするあまり、無機質なデザインになることを防ぐために飾り棚を設置したのもポイントです。

小物やお花を飾ることで、玄関にぴったりのインテリアになります。

実用性のあるキッチンインテリア


生活感が出てしまうキッチンは、収納力の高いインテリアがおすすめです。

マンションでは、LDやLDKを採用している場所も多く、キッチンもお部屋の要素の一つになっています。

ツヤのある素材をつかったこちらのキッチンは、センスが光るデザインです。

おしゃれなことはもちろん、食器や調理器具を入れる収納スペースも確保し、真ん中は作業台として使えるスペースにしました。

インテリアでキッチンをおしゃれに演出することはもちろん、家事の効率は落とさない、そんな理想が詰まったインテリアです。

見せる収納にこだわったインテリア

棚板の長さや高さをあえて均一にせず、細部にまでこだわったおしゃれなシェルフは、見せる収納として活躍します。

雑貨や観葉植物を飾りながら、CDや本も見せる収納として置くことができるすぐれもの。

マンションでは居住スペースを確保するために床にはできるだけ家具を置きたくない、そんな声にお答えできるのが壁に設置するタイプのインテリアです。

壁紙の色を考えたデザインにすることで、お部屋にマッチするおしゃれなインテリアが完成します。

ローボードで作るホテルライクなインテリア

マンションの限られたスペースを広々と見せてくれるのが、ローボードのリビング収納です。

圧迫感がなく広々としたリビングを演出しながらも、必要な収納容量は確保できるインテリアです。

まるでホテルの一室のようなおしゃれで洗練されたインテリアコーディネートに仕上げることができます。

大型のテレビを置きたい方にもおすすめです。

コレクションをディスプレイできるインテリア

こちらはテレビボード、収納、ディスプレイケースの3つの役割を持ったインテリアです。

マンションの部屋をお気に入りのアイテムで飾りたいけど、ディスプレイ用の収納を置くのは難しいという人は、こちらの事例のようにいくつかの役割を持ったインテリアを取り入れてみましょう。

全て隠すのではなく、見せる収納を使うことでお部屋の雰囲気を変えたり、好みのインテリアコーディネートにアレンジすることができますよ。

マンションのお部屋はインテリアで変わる

お部屋の印象をガラリと変えることができるのがインテリアです。

おしゃれな小物をたくさん買うのも一つのアイデアですが、メインアイテムとして大型のインテリアを取り入れて雰囲気を一新するのも良いですね。

マンションにお住まいの方はぜひ参考にしてくださいね。

この記事のタグ

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。