インテリアの色合いでおしゃれ度が決まる!失敗しない配色のポイントとは?

インテリアの色合いでおしゃれ度が決まる!失敗しない配色のポイントとは?

インテリア
インテリアの色合いでおしゃれ度が決まる!失敗しない配色のポイントとは?

インテリアコーディネートの要とも言えるのが色合いですよね。

配色を考えながらインテリアを選ぶことで、おしゃれな部屋に仕上がります。

家具の色合いを考えるのは難しいと思いがちですが、基本さえおさえておけば誰でも簡単におしゃれな部屋を作ることができますよ。

今回は、失敗しない配色のポイントと理想のイメージを作るインテリアの色合いについてご紹介します。

おしゃれなインテリアコーディネートに仕上げる色合いの基本とは?

お気に入りのインテリアや好みのデザインのものを配置しただけでは、どこかしっくりこなかったり、おしゃれに見えなかったりという経験はありませんか?

インテリアは単体で見るのではなく、部屋全体の色合いを考えながら選ぶことが大切です。

まずは色合いを決める基本を知っておきましょう!

統一感を意識するだけでおしゃれに見える!

統一感を意識するだけでおしゃれに見える!

インテリアの色合いを考えるときに最も大切なのは統一感です。

同系色でまとめることで統一感のあるおしゃれな部屋に仕上がります。

また注目したいのは、部屋の床の色や扉の色です。

部屋の大部分を占める床の色や扉の色に合わせてインテリアやファブリックを選んでみましょう。

アクセントカラーを取り入れる!

アクセントカラーを取り入れる!

同系色でまとめただけでは少し物足りない場合には、アクセントカラーを取り入れることでより一層おしゃれに仕上がります。

好きな色を使いたいけど派手すぎる・明るすぎるという場合には、アクセントとして取り入れることで、インテリアコーディネートがごちゃごちゃとした印象になることを防ぎます。

柄もアクセントなら取り入れやすいですね。

例えば、壁の一部にアクセントクロスを取り入れたり、モザイクタイルを取り入れたり、カーテンや絨毯など一部でも効果的ですよ。

色合いには”質感”も大事

色合いには”質感”も大事

インテリアの色合いを考えるときに合わせて意識しておきたいのが質感です。

同じ色でもツヤ感のある素材とマットな素材では部屋に置いたときの印象が大きく変わります。

木材やスチールやプラスチックなど素材が違うと質感も変わるので、色だけではなく、どんな質感のどんな色味かも含めてインテリアの色合いを考えてみましょう。

理想の住まいを作るインテリアの色合いサンプル

ここからはインテリアの色合いのサンプルをいくつかご紹介します。

理想のイメージに近いものを探してみてください。

トープ系カラーの配色で統一感のあるホテルライクなコーディネート

ローボードで開放的な空間を実現した事例

ベージュを基調とした色合いは落ち着いた雰囲気の空間を演出できます。

トープ系のカラーを使用することで、高級感があるまるでホテルの一室のような印象に。

ベージュはどんな色とも相性がよく、木目調のインテリアともぴったりマッチします。

白×ブルーのアクセントクロスで海外のようなコーディネート

ブルーのアクセントクロスで海外のようなコーディネート

壁の一部にアクセントカラーを使うことで、部屋の雰囲気をがらりと変えることができます。

白とブルーの組み合わせは、まるで海外の映画に出てきそうなおしゃれな雰囲気に仕上がります。

カウンターの天板はナチュラルな木目調で、より一層ヨーロッパチックに。

天板、戸棚、取っ手にどんな素材を使うのかはキッチンのインテリアの色合いを考える上で大事にしたいポイントです。

石材とモザイクタイルを取り入れたリッチなコーディネート

石材とモザイクタイルを取り入れたリッチなコーディネート

こちらはリビングボードに様々な石材を組み合わせたインテリアコーディネートです。

部屋全体はシンプルに仕上げることで、部屋のメインとなる素材にこだわったリビングボードが際立ちます。

テレビの背面に採用した大理石調のメラミン化粧板にはモザイクタイルをライン状のデザインを施して高級感のある雰囲気に。

モザイクタイルをアクセントとして取り入れることで、よりリッチで特別感のある部屋に仕上がりました。

色合いは素材や質感も込みで考えると◎

配色を考えるときには、インテリアの質感にもこだわるとより色合いを考える幅が広がります。

光が当たったときの見え方なども変わってきますので、素材選びも重視してみましょう。

インテリアの色合い、デザイン、素材にとことんこだわりたい場合には、フルオーダー家具という選択肢もありますよ。

インテリア

この記事が気に入ったらSNSでシェアしよう!

関連記事

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
フルオーダー家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。