収納ラボ

− 壁面収納・オーダー家具 −

多機能な収納と部屋を明るくするダイニング壁面収納

多機能な収納と部屋を明るくするダイニング壁面収納オーダー家具#186

ダイニングに窓はあるけれど、隣の家と接しているために明かりが入ってこない状態。

そして既製品の収納具ではサイズとの兼ね合いから合うものが見当たらず、結果として物が溢れてほかの部屋の一部を占領している状態。

それを解決したのが、窓をつぶして壁全体を壁面収納にしてしまうといった方法でした。

窓をつぶして壁面収納に

部屋全体を見ても収納スペースが不足しており、大量のおもちゃが居住スペースに出されたままとなっていました。

そのため壁面収納を考えたのですが、窓が邪魔をしていた状態でした。

しかしながら、その窓は隣の家にほとんどを覆われており、光が入ってくることは皆無に等しかったため、窓としての役割を果たしていませんでした。

そこで、思い切って窓をつぶすという選択をしました。

そうすることで、壁面収納を設置することができ、かつての不足を補って余りあるほどの収納スペースを確保することに成功したのです。

壁全体が収納スペース

壁全体が収納スペースになったため、おもちゃ以外にも多数の生活用品の収納が可能になりました。

例えば本やアルバム、Wi-Fiルーターなど、かつては収納場所から溢れてしまっていた物もすっきりと収納されています。

隠されたお父さんのPCデスク

普段は壁面として隠れていますが、実はこの中から、お父さんのPCデスクが姿を現します。

デスク使用時は扉を中に収納することで作業の妨げになることのないような工夫が凝らしてあります。

デザインも、お父さんの好みに合わせて丸みのある形状のものになっています。

圧迫感の解消と一体感の創出

壁面収納において感じてしまいがちなのが、圧迫感です。

棚が居住スペースにせり出して見えてしまうことが原因です。

壁がそのまま棚になったからといって、やはり多少の違和感は拭い去ることができないようです。

今回は壁面の中央をくりぬいてOPENスペースにし、背中のパネルの色を変えることで、そのような圧迫感を解消しました。

また、既存のキッチンカウンターの素材・色と同じものを用いて一体感を創出することで、また当該圧迫感の解消にもつなげています。

窓があった時よりも明るく

上記のような様々な機能を搭載させただけでなく、壁面収納のアクセントとして設置した写真・インテリアの飾り穴の存在からも、窓があったときと比べて、物理的にも印象的にも明るさが増しました。

まさにこの壁面収納は大成功だったのではないでしょうか。

壁面収納は空間の革新

思い切って窓をつぶして壁面収納を設置することで、ダイニング空間は全く新しいものになりました。

このように、収納に関する悩みを抱えている皆様には、空間革新も含め、ぜひ壁面収納をおすすめします。

まずはその悩みから、相談してみてください。

  • 戸建
  • ダイニング
  • 飾り棚
  • W3475 × H2403 × D500/350

お客様の来店の理由は何でしたか?

壁面に大きな窓があり、既製品等では収納のサイズが合わず、収納するスペースも取れない状況でした。その為、物が溢れて部屋の一部を占領していました。

オーダー家具のこだわりポイントとご要望

大量のおもちゃ等を仕舞う場所を考えたときに、西側にある大きな窓が壁面収納を考える上で弊害となっていました。この窓の向かいにはすぐお隣の家が建っており、光が入る事もないので断熱材を入れて塞いでしまうご提案をしました。
壁全体をデザイン出きるようになった事で、収納力は格段に増え、出しっぱなしになっていた子供のおもちゃを片付けるスペースも出来ました。
また、PCの作業デスクを組み込んだり、写真や置物などの飾るスペースもガラス扉や照明を入れる等の工夫をする事で、窓があるときよりもお部屋が明るい印象になりました。中央部分は大きなOPENスペースを設け、背中のパネル柄を変える事で圧迫感のない空間を演出しました。

担当コーディネーターより

既存のキッチンカウンターと壁面収納のカウンターの素材を合わせ、一体感のある収納に。
また、ご主人のPC作業デスクは使用しないときは扉で隠し、使用時には扉を内部に収納して、扉が邪魔にならずに作業スペースを広く使えるように。カウンターの丸みのある形状はご主人のこだわりです。
専用のマグネットキーでしか開けられない扉があるなど、一見全体をホワイトでまとめたシンプルなデザインですが、見えないところに機能が詰まった多機能収納に仕上がりました。

戻る
収納ラボのショールーム

キーワード:オーダー家具 / 壁面収納

  • /

ページ上部へ戻る