窓が多く壁面の少ない部屋の収納を改善したオーダー家具。

オーダー家具実例ID#12273
窓が多く壁面の少ない部屋の収納を改善したオーダー家具。

購入することを決めた新築マンションの、大きな2面の窓で囲まれたLDKは開放感があって気に入っていました。明るくて見晴らしも良い部屋は理想的だったのですが、壁面が少ないこともあって収納スペースが足りないことが気がかりでした。食器が好きなので、お気に入りの食器を収納するための家具選びにも悩んでいました。それと、テレビを置く位置も決められず悩んでいました。こうした悩みを収納ラボに相談してみると、オーダー家具で理想通りに食器を収納し、最適な位置にテレビを置くことができました。

お気に入りの食器を収納するためのカウンター下収納。

食器が好きなので大切にしている食器が多く、キッチンにある食器棚だけでは収納スペースが足りませんでした。また、好きで集めた食器なので隠してしまわずに、いつでも眺めていられるのが理想でした。このような私たちの要望に対して、既存のキッチンカウンターのダイニング側にカウンター下収納を作る事を提案してくださいました。

お気に入りの食器を収納するためのカウンター下収納。

扉は中が見えるように、中央がガラスの扉にしてあります。食器を収納するためのスペースは、持っている食器の量に合わせて設計してあるので、無理に詰め込んだ収納ではないので出し入れがとてもスムーズです。

扉は中が見えるように、中央がガラスの扉採用。

カウンター下収納の高さは、既存のキッチンカウンターよりも低くすることで、使用頻度の高い小物を置くための棚として使っています。こうした、日常的に便利な使い方を考えた提案も嬉しいですね。

位置が決まらなかったテレビはダイニングに。

位置が決まらなかったテレビをダイニング設置。

大きな2面の窓で囲まれたLDKには、壁面が少ないのでテレビをどこに置くのか?どんなテレビボードだと似合うのか?などと悩んでいましたが、テレビの置き場はリビングではなくダイニングに作ることにしました。

お部屋の形状に合わせて設計が可能なオーダー家具。

この問題を解決するために、窓際の壁の位置に合わせて家具のカタチを設計することにしました。こうして、AV機器を収納するための奥行きは確保しつつ、部屋の形に合ったオーダー家具を実現することができました。テレビとAV機器をつなぐ配線も中を通すことが出来たので見た目もスッキリ。

テレビとAV機器をつなぐ配線は家具の中を通すので見た目もスッキリ。

既存のキッチンカウンターの天板をそのままオーダー家具の中に取り込んで、設置できたことにも感心しました。

既存のキッチンカウンターの天板をそのままオーダー家具の中に取り込んで設置。

既製品では、ここまで部屋にぴったりと合わせることは不可能なのでオーダー家具の強みが活かせたと思います。スッキリとした窓辺の印象とオーダ家具ならではのデザインがとても気に入っています。

さらに収納スペースと家事をするための作業スペースも追加。

既存のキッチンカウンターの横にも収納スペースを追加。

既存のキッチンカウンターの横にも収納スペースを追加しました。ここは、収納スペースとしてだけではなく、天板とスライド棚を利用して家事のための作業スペースを作りました。キッチンカウンターのまわりに収納スペースと作業スペースが増やせたので、家事だけでなくダイニングで食事をしたりする時にもとても便利です。

収納だけでなく、作業スペースとしても使える天板。
スライド棚の使って作業スペースを確保。

毎日の暮らしが快適に。そして自然に片付けをするようになりました。

収納ラボに相談するまでは、オーダー家具について価格など不安なこともありました。けれども、オーダーメイドなら私たちの要望にあったものが作ってもらえるという期待もありましたので、思い切って相談することにしました。ショールームでは、コーディネーターの方が、丁寧に話を聞いて、要望にあった提案をCGイラストでわかりやすく説明してくれるので助かりました。価格や納期などもしっかり説明していただけたので、来店前の不安はなくなりました。

出来上がったオーダー家具で、その期待通りに大切な食器が見える収納や、この部屋の最適な位置にテレビを設置することが叶えられました。
使いやすくなったダイニングでは、料理や食器、グラスの準備もスムーズにできるので、知人や息子の友達が来て食事をする時間を楽しんでいます。

オーダー家具で快適になったダイニング

また、こだわって作ったオーダー家具だから、きれいに使おうという思いから自然と部屋を片付けるようになり、最近では部屋が散らかることがなくなりました。
こんなに私たちの暮らしを快適にしてくれるオーダー家具が出来上がって、とても満足しています。

コーディネーターからのコメント
【開放感のあるお部屋に、最適な収納を実現しました。】

大きな2面の窓があるLDKは、壁面が少なくキッチン周りの収納も十分ではありませんでした。
開放感のあるお部屋の雰囲気を損なわずに、必要な収納スペースを確保することを心がけました。
そこで、既存のキッチンカウンターの背面とダイニングの壁面を利用して収納スペースを確保しようと考えました。ダイニングが食事をしたり家族でくつろぐ場所だったので、置き場に悩んでいたテレビはリビングではなくダイニングに置くことをご提案しました。
食器の収納場所としてカウンター下収納は、使い勝手も良いのでおすすめの場所です。
大切な食器は、収納で隠したくないとの事でしたのでガラスを入れた扉を採用。
ダイニングでくつろぐ時にも、好きな食器が見えるので気に入っていただけて、暮らし方にあった収納を実現することが出来ました。

SHOWROOM

「新しいアイデア」が生まれる
オーダー収納家具のショールームへ

お客様の収納についての悩みやご相談をコーディネーターにお伝えください。

来店予約する 資料請求する