オーダー家具製造技術のイメージ

オーダー家具製造技術

Technology

「オーダー家具製造」に特化した、自社工場

Factory

ものづくりの町、岐阜県関市。

その歴史は800 年近く鎌倉時代より続いています。その町の郊外、広大な敷地に収納ラボの自社工場があります。鉋(カンナ)、鑿(ノミ)、鋸(ノコギリ)、錐(キリ)、玄翁(ゲンノウ)、尺金(サシガネ)。

日本古来からの道具を使いこなし、指物師と呼ばれる木工の伝統技術を継承する職人たち。自社工場では、木工の伝統技術と、ものづくりの志をベテラン職人から若い職人は学びながら、日々家具の製作を行っています。

オーダー家具だから同じ家具は製作することはありません。一つ一つが異なる家具だから、確かな技術とものづくりに対する情熱が活かされます。

  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景

最新設備により工場がいくら近代化されていても、オーダー家具は最終的に人の手で作り上げられるため、商品の仕上がりは職人の技術に大きく左右されます。

職人には、この壁面収納に何を仕舞われるか、オーダー家具がどこで使われるか、どのように使われるかなどお客様のオーダー家具に対する思いも伝えられ、そのオーダー家具を使われるお客様を想像しながら製作します。

そうして職人の技術と思いが込もったすべてのオーダー家具は独自の高い基準に基づいた検査を実施してから出荷され、取り付け職人の手に引き継がれます。建築を熟知した取り付け職人は、壁面設置場所に応じた壁面固定方法で取り付けをし、最終検査を経てお客様にお使いいただきます。

  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景

ドイツ製工作技術について

German technology

最新鋭のドイツ製マニシングセンター(加工機械)は、より高品質な家具を、安定したレベルで量産するために無くてはならない製造システムです。

現在、自社工場に導入されたマニシングセンター(加工機械)は、設計部門が作成した3Dデータを読み込み、自動でカット、穴あけ、面取り作業を正確かつスピーディーに行えます。

名古屋、横浜の2箇所のショールームと岐阜の自社工場をネットワークで結び、設計データを転送する事で受注した家具の製造を最短で開始する製造システムは、木工業界において国内では最先端の製造システムを構築しています。

オーダー家具の場合、製品を在庫しておく事は出来ないため、お客様のプランが出来上がってから製造が開始します。製造システムはお客様に、短納期、低コストでオーダー家具を提供する事を可能にしています。

高品質な家具を安定的にスピーディに提供するために、熟練した職人の経験と最先端技術の融合を目指していきます。

  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
  • オーダー家具の製造風景
ページ上部へ
ご来店予約 資料請求