収納の基本が学べる無料勉強会、“生活が変わる収納のすすめ”を開催しました。

12月5日木曜日に、収納ラボの名古屋ショールームにて、“生活が変わる収納のすすめ”と題した無料勉強会とショールーム見学会を行いました。

今回のテーマは、“お部屋がすっきり片付く、壁面活用術”ということで、名古屋を中心に活動をされています整理収納アドバイザーの、バービースタイル代表、鷲見さんと石川さんを講師としてお招きし、収納ラボ名古屋ショールーム店長の西村と整理収納の基本から、壁面を有効活用した壁面収納の事例などを紹介しました。

勉強会の後には、ショールームの見学を行い、展示家具へ実際に触れていただきながら、オーダー家具の機能や質感を体感していただきました。

整理収納と片付けの違いを再認識

バービースタイルさんは、整理収納の基本から、整理収納のテクニックなどを、わかりやすく説明してくださいました。そうした説明の中には、いくつかの気付きがありました。

例えば、基本的なことですが整理する、収納する、整頓する、片付ける、をどのように使い分けていますか?
なんとなく、すべて部屋をすっきり片付いた状態にすることを説明する意味で使っていませんか?
実は、この4つのキーワードは整理収納の段階を示しています。

まず、1番目が“整理”です。必要なものと、不要なものを選別すること。

2番目が“収納”です。必要なものを使いやすい場所に納めること。

3番目が“整頓”です。見た目を美しく整えること。

4番目が片付けるになります。使った物を元の場所に戻すこと。

この4つの基本的なステップについての説明をあらためて聞くと、お部屋をすっきり片付いた状態に保つためには、まず部屋にあるものを整理して、必要なものを最適な場所に収納し、収納した場所が整頓されているから、使ったものが片付けられるということに気づかされました。

とても、当たり前のことだけど片付けができていない状態は、必要なものと不要なものが混在していて、収納する場所が決まっていない場合が多いと思います。
すっきり片付いたお部屋にするためには、きちんとこの4つのステップをふまえて、整理収納について考えてみると良いでしょう。

それと、自宅のお部屋は自分がリラックスするための場所という説明がありました。リラックスするために必要な場所が、片付いていないから、ストレスを感じるという説明にも納得させられました。
確かに、自分の部屋がすっきり片付いているだけで、気分も良く癒されます。

整理収納が、家族とのコミュニケーションのきっかけに。

これまで、片付かないお部屋で暮らしていた時には、掃除を手伝ってくれなかったご主人やお子さんが、片付いたお部屋になったことで、自主的に掃除をしてくれるようになったエピソードや、お部屋をきれいに保つために、家族と協力して片付けをするためのアドバイスもありました。例えば、日々のお片付けができたら、ご褒美として美味しい食事をする機会を作ったりすることなどが紹介されていました。

整理収納に取り組むことが、家族と前向きなコミュニケーションを作るきっかけになるという事にも気づかされました。お部屋を片付けるという事は、単に部屋のものを整理収納するだけでなく、日々の暮らしを変えることにもつながっていく事なんだと感じました。

壁面を有効活用

すっきり片付いたお部屋にするためには、お部屋のどこかに収納場所を作る必要があります。
しかし、キャビネットやローボードなど収納のために置く家具が増えると、床面積は狭くなってしまいます。
そこで、ローボードやキャビネットの上の壁面を収納として使えば、収納スペースを確保できて、床も広く使えるのでメリットは大きいです。
とは言っても、壁面全体に収納を作ったら、目線の圧迫感が気になるという心配もあるため、圧迫感を感じない壁面収納にするためのポイントを紹介しました。
例えば、テレビを置く壁面収納の場合は、テレビの周りには、収納を作らず余裕を持たせるのも効果的です。
さらに、上の方に作る収納スペースは奥行きを浅くすることや、飾り棚を目線の高さに作ることで、奥行きを感じるため圧迫感を少なくすることができます。

また、家具を設置する際に注意したいこととして、転倒防止について西村から説明をいたしました。住宅の基本構造の説明しながら、壁や天井は裏に柱がある場所以外は、強度がないので突っ張り棒やボルトで固定する際には、柱を探す必要があることをお伝えしました。そこで実際に、ショールームの壁面を使って、壁面の内側にある柱の位置の探し方の実演を行いました。家具の固定のためだけでなく、絵画や時計を壁掛けする際にも役立つため好評でした。

実際に展示されているオーダー家具に触れられるショールーム見学会

勉強会の後は、ショールームに展示してあるオーダー家具へ実際に触れていただきながら、特殊な機能やさまざまな素材の特徴や質感を体感していただきました。

オーダー家具はお客さまのご要望に合わせて作るため、決まった形があるわけでないため、展示してあるオーダー家具はさまざまな収納のアイデアを実現するためのヒントがいっぱい詰まっています。そうした、収納の課題を解決するためのアイデアを説明しながら、展示してあるオーダー家具に実際に触れながら、見学会を楽しんでいただきました。

最後に・・・

今回は、整理収納の基本と壁面を有効活用した事例をご紹介させていただきました。
一言に整理収納といっても奥が深く、暮らし方、家族構成、趣味などさまざまな条件があり、答えは一つではありません。基本的な考え方をわかりやすく学べて、理想の暮らしを実現するためのヒントが見つかるイベントにしていきたいと思います。

“生活が変わる、収納のすすめ”は今後も開催を予定しております。次回の開催が決まりましたら、詳細情報をオフィシャルサイトや各SNSを通じて告知しますので、ご興味を持たれた方はお気軽にご参加ください。


今回講師を務めていただいた、バービースタイル様はこれまでに、3,000件以上の実績があり、代表の鷲見様は整理収納アドバイザーを育成しているハウスキーピング協会から、ゴールド認証を受けていらっしゃいます。
今では、そのゴールド認証を承認する資格もお持ちです。
そんなバービースタイル様へ整理収納に関する、ご相談を希望される方はオフィシャルサイトへ
http://barbie-style.com

来店予約する 資料請求する