収納ラボ

− 壁面収納・オーダー家具 −

品質へのこだわり

品質へのこだわり-1

__1ミリも妥協しない。30年使い続けられるオーダー家具へ。

1



品質へのこだわり-2

「オーダー家具製造」に特化した、自社工場

ものづくりの町、岐阜県関市。
その歴史は800年近く鎌倉時代より続いています。その町の郊外、広大な敷地に収納ラボの自社工場があります。

鉋(カンナ)、鑿(ノミ)、鋸(ノコギリ)、錐(キリ)、玄翁(ゲンノウ)、尺金(サシガネ)。日本古来からの道具を使いこなし、指物師と呼ばれる木工の伝統技術を継承する職人たち。
そして、ドイツ製最先端のマシニングセンターを導入し、各邸全く違う多様な収納家具を高い精度で短納期生産を可能にした先進技術。

その職人の技術と、先進の技術が融合し、従来の既製品量産工場では不可能であった「ユーザー1人ひとりの理想を確実に再現する」ことを実現した、全国的にも数少ない大規模工場です。


品質へのこだわり-3

品質へのこだわり-4

最新設備により工場がいくら近代化されていても、オーダー家具は最終的に人の手で作り上げられるため、商品の仕上がりは職人の技術に大きく左右されます。職人には、この壁面収納に何を仕舞われるか、オーダー家具がどこで使われるか、どのように使われるかなどお客様のオーダー家具に対する思いも伝えられ、そのオーダー家具を使われるお客様を想像しながら製作します。


そうして職人の技術と思いが込もったすべてのオーダー家具は独自の高い基準に基づいた検査を実施してから出荷され、取り付け職人の手に引き継がれます。建築を熟知した取り付け職人は、壁面設置場所に応じた壁面固定方法で取り付けをし、最終検査を経てお客様にお使いいただきます。


品質へのこだわり-5

ドイツ製最高品質の機能金物

技術大国の両翼を担う日本とドイツ。こと収納家具の機能金物においては、ドイツは圧倒的技術とアイデア、精度、デザイン性を誇ります。


このドイツの驚くような機能性を持った金物技術と私たち日本の家具製造技術。それぞれの技術が合わさることで、私たちのオーダー家具はより使い勝手の良い、デザイン性の高いものになっていきます。

収納物の出し入れのしやすさ、扉・引き出しの開閉のしやすさ、少ない空間でより収納力を上げるアイデアやデッドスペースをなくすアイデアなど、収納をより快適にするための驚くようなアイデアたちが収納ラボにはあふれています。是非ショールームでご体感ください。


また、金物に限らず、オーダー家具を構成する部材には様々なものがあり、より機能的な、より環境に優しい材料が世界中で生み出され続けています。そういった情報はほぼ毎日弊社に届けられ、検証されます。


たとえば、扉の開け閉めの要となる丁番や引き出しのレールだけでも数百種類あります。そうした材料の中には粗悪な物も少なくありません。私たちは、その中でより良い物を見抜き、検証し、胸を張ってオーダー家具をお客様にご提供できるよう日々研究しています。




品質へのこだわり-6

ページ上部へ戻る