収納ラボ

− 壁面収納・オーダー家具 −

収納実例スライドショー1
収納実例スライドショー2
収納実例スライドショー3
収納実例スライドショー4
収納実例スライドショー5
収納実例スライドショー6
収納実例スライドショー1
収納実例スライドショー2
収納実例スライドショー3
収納実例スライドショー4
収納実例スライドショー5
収納実例スライドショー6

多角形のコーナーテレビボードオーダー家具#621

こだわりのあるテレビ角度とデッキの向きを保ちつつ、
限られたスペースを最大限に活用た結果、この多角形のオーダー家具になりました。
扉は子供が開けられないようにしたい、というご要望から、オーダー家具の見た目にも影響の無い、
「鍵穴の無い」専用の鍵をつけました。

  • 戸建
  • リビング
  • TVボード
  • W1339 × H460 × D630/330
  • オーダー家具

お客様の来店の理由は何でしたか?

元々テレビボードはお持ちでしたが、サイズが合っていない、他の家具との調和、お子様がもうじき生まれてくる、といった様々な理由が重なった事、そして、自分の要望を満たすカタチは自分で作るか、オーダー家具でしか出来ないだろう、という思いでご来店されました。

オーダー家具のこだわりポイントとご要望

まずご要望として、以下は必須条件でした。
1.60インチのテレビを、こだわりの角度をつけた状態でコーナーに置ける事
2.デッキの向きが斜めに置ける事(ダイニングからも反応するように)
3.お部屋の照明スイッチをテレビで隠さない高さにする事
4.すぐ隣にドア、窓、ラグがあるので、その範囲内にする事
5.他の家具との色をそろえる事
6.子供が生まれたとき、勝手に扉を開けないようにする事

ご主人が理想のカタチを紙に描いて来てくださったので、そこにプラスアルファしていきました。
ご要望が全てこだわったポイントではありますが、【見た目には分からない、鍵】これはお客様にも好評でした。
取手もない、シンプルなテレビボードに鍵穴をつけてしまうと目立ってしまう為、鍵穴の無い、鍵をつけるようご提案いたしました。

担当コーディネーターより

ご主人と奥様の意見が割れたとき、いつも「じゃんけん」で決めるそうです。
勝った方の意見を聞く、というルールのもと、普段はご主人が勝つ事が多いそうですが、このときは奥様に勝利の女神が。
中々じゃんけんで決められる方を見なかったものですから、この話が印象的すぎて忘れられません。

戻る
収納ラボのショールーム

キーワード:オーダー家具 / 壁面収納

  • コーナーTVボード /
  • TVボード /

ページ上部へ戻る