収納ラボ

− 壁面収納・オーダー家具 −

漠然とした要望が“望み通りの壁面収納”となって、わが家に。

漠然とした要望が“望み通りの壁面収納”となって、わが家に。オーダー家具#14906

新居のマンションは収納スペースが不足していて悩んでいました。
リビングの壁面収納を検討するため『収納ラボ』を訪れ、部屋にしっくり収まって、家電製品の使い勝手が良く、デザイン性も優れた壁面収納をオーダーメイドしました。

「こんな壁面収納が欲しかった」と気づきました。

新居となるマンションは収納スペース不足で、リビングの壁面収納を考えていました。

既製品を探してみたものの、しっくりくる壁面収納がなくて。「どうしようかな」と思っていたときに『収納ラボ』の事を知り、とりあえず相談することにしました。

具体的な壁面収納のデザインはイメージはなかったので「テレビを壁掛けにしたいんですよね」などと話しながら、事例集の写真をいくつも見せていただいたり、デザインのポイントを説明してもらったりするうちに、次第に自分たちの壁面収納への要望が固まってきてオーダーすることに決めました。
プランを進めていくうちに、どんどん具体的なイメージがわいて来て、「間接照明をつけたい」「家電の配線は見えないように」と何度も要望を出すと、そのたびに要望を取り入れた壁面収納のプラン提案をしてもらえました。

具体的な壁面収納のデザインはイメージはなかったので「テレビを壁掛けにしたいんですよね」などと話しながら、事例集の写真をいくつも見せていただいたり、デザインのポイントを説明してもらったりするうちに、次第に自分たちの壁面収納への要望が固まってきてオーダーすることに決めました。
プランを進めていくうちに、どんどん具体的なイメージがわいて来て、「間接照明をつけたい」「家電の配線は見えないように」と何度も要望を出すと、そのたびに要望を取り入れた壁面収納のプラン提案をしてもらえました。


最終的なプランは、いくつも出した要望が全てカタチになっていました。
出来上がった壁面収納は、プランのイメージ通りの仕上がりでとても満足しています。
部屋自体のレイアウトは言うまでもなく、現在ある家電製品や購入予定の家電の機種なども確認して収納スペースを設計してもらえて、信頼感が高まりました。
壁面収納のデザインは白が基調。でも、見せてもらった事例集の中にあった天然木の家具の雰囲気が良かったので、壁面収納の天板は天然木を選びました。

テレビの左右には飾り棚を設け、もちろん収納は大容量!


ルンバの待機場所まで設けてもらいました。センサーが反応するために必要な上部の空きスペースまで考慮して設計されており、ルンバはスムーズに出たり入ったり出来ています。
AV機器や各種家電の電源コード類が見えないように工夫されていて、スッキリしたリビングになりました。コードレス掃除機の収納スペースも作ってもらいました。収納したまま充電もできるように、もともとあったコンセントも使えるようになっていて便利です。
大量の収納スペースが確保できたことと、収納するスペースのサイズもファイル収納ケースに合わせて作ったことで、整理整頓が楽になったのも嬉しいです。

“コーディネーターからのコメント”

ルンバの待機スペースは扉も格納式にして、上部に空きスペースを確保しました。
家電のセレクトはご主人がリードして、家具については奥様がリードするという感じで、新居のデザインプランを具現化されたご夫妻。リビング壁面収納は、白い面材のシンプルな清潔感と、天然木のテレビボード天板や間接照明から伝わる温かみが程よく溶け合っています。
当初、飾り棚にはガラス扉をつける予定でしたが、最終的にはオープンにしました。
結果的に、壁面収納の圧迫感が少なくすることができました。

  • マンション
  • リビング
  • リビング収納
戻る
収納ラボのショールーム

キーワード:オーダー家具 / 壁面収納

  • /

ページ上部へ戻る